人気記事リスト
WebMoney ぷちカンパ
カテゴリ
プロフィール

底人

Author:底人
Amazonウィッシュリスト公開しました。
支援物資/ゲーム


基本的にこんな事やってます。


Twitter
pixiv
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
12763位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マイクロソフト(xbox360)
163位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク


-PR-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、六花の勇者が面白い。

オーバーロードやGateを娯楽として見てましたが、最近になって六花の勇者がめちゃ面白くなってきました。
なんか、最初はありがちな冒険物なんだなと思って見てませんでしたが、6人の勇者が集まってみたら7人で誰かが裏切り者ってサスペンスになってて、面白い。最初から全部見てないけど。

たぶん、モーラかナッシェタニアか主人公のアドレットが犯人だにゃ!

とはいえ、主人公のアドレットが犯人っぽくない。過去の生い立ちとか説明してるし、視聴者の感情移入具合からこいつを犯人だとしてしまうとちょっと感情的に楽しくない。という視聴者視点からの判断だが。

最新話でモーラがネコの殺し屋さんがアドレットにやられたと嘘をついたので、お!やっぱりモーラのおばちゃんかな?
と、思ったのですが、ナッシェタニアさんがヤンデレに豹変。これ如何に。

一応、ヒロインはナッシェタニアさんと言うことになるのでしょうか?それが余計に怪しいw
フレミーの可愛さが急上昇してるあたりから…と、モーラの嘘を急に鵜呑みにし始めたあたりナッシェタニアさんが怪しすぎる。
今まで、アドレットが疑われてたのを絶対信じなかったナッシェタニアさんが、アドレットを殺すと判断したのは、おそらくモーラがアドレットを殺せと指示したからではないかな?

もし、アドレットが犯人でなかったら、モーラは嘘をついてアドレットを殺させた犯人として非常に疑わしくなる。
次にモーラを殺しやすくなるし、チームの主導権を取りやすくなるしね。

と、色々考えるのが楽しい六花の勇者。

まぁ、世界観がファンタジーなので、推理物のサスペンスとしては、前提条件が曖昧すぎてなんとやらな所もありますが、次が気になると言う意味では非常に楽しいです。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント

-PR-

ブログ
もっとアクセスUP
【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)
サンプル・イベント・モニターならBloMotion
ブログ広告ならブログ広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。